八ヶ岳、茶臼岳、赤城山

この夏に走って登った山はこんな所でしょうか。他にも

色々行っては居るものの、日記つけないと忘れちゃいますね。

八ヶ岳には二度行きまして、一度目は最高峰赤岳を目指して登山オンリー。

流石人気の山だけあってよく整備されており、眺め良し、苔森も素晴らしい!

岩山にはお馴染みの鎖場ですが、写真だとオソロシイ光景ですけれど

実際は大したことないです。ちょっと距離長めなので、後続の年配の方に

鎖引っ張られた時はビクッとしました・・・登るときは絶対一人づつな。

奥に見えるのが最高峰の赤岳(2,899m)です。写真中腹の山小屋で無く

赤岳頂上の山小屋に宿泊します。残念ながらかなりガスっていて眺めは

最悪でした。帰り際も雲に覆われ雨も降り出し、結構神経使う下山でしたね。

本当は隣の横岳、硫黄岳も攻めるつもりでしたが同行者が高山病にかかり

断念。睡眠不足は山じゃ命取り・・・若者の方がペース早い分、酸素不足で

高山病なりやすいそうです。200m程下山したら治ったみたい。

 茶臼岳へは、日光から自転車スタートで渓谷沿いに山を突き抜けて那須湯元

のペンションで一泊。そこから登山口行きバス停まで登って乗り換え。

ロープウェーで結構上にまで行ってからのスタートなのでチョロイもんです。

すぐ隣りの朝日岳まで行き、帰りは巻き道を使って下山。百名山としては

那須連山全て登って、だとしたら三本槍岳をスルーしたので未達成なのかな?

ちょっと距離があったので今回見送り。茶臼~朝日岳の間から眼下に見えた

山小屋あり気になる。どうやら三斗小屋温泉という、超秘境温泉宿があるらしく

今度目指してみたい所・・・

http://www.tabakoyaryokan.com/

 赤城山へは高崎駅から自転車で登頂。流石ヒルクライムで有名な山だけあって

ローディーがとても多い。今月末にレースがあるからか、ガチな人達ばかりで

尻込みしますな。のんびり登ったあとは靴に履き替えて黒檜山へ。赤城山も

八ヶ岳、那須連山と同じく色々な山が集合しての名称なので赤城山という

頂上は無いのです。なのでまぁ、最高峰の黒檜山が百名山の一つという事で

いいのかな。

酷い山道でした。ほぼ直登に近いので、スタートから急勾配。あまり整備されて

おらず、これといった路が無い状況。雨でぬかるんでいたのでスリップもしやすく

下りは特に気を使いました。頂上はご覧の有様で真っ白だったのですぐ下り。

大雨が降ってきて、そのまま自転車でのダウンヒルになりましたが頂上だけで済んで

良かったです。

 で、また八ヶ岳。

スタートは松本駅、ツールド美ヶ原のコースで美鈴湖にあがる予定が
始めの2.5km平均勾配12%程の激坂区間が土砂崩れで、国道を
大回りしての別ルートで美鈴湖へヒルクライム。こちらもそこそこの勾配。

美ヶ原スカイライン(18km程)ヒルクライム後美ヶ原到着。王ヶ頭
へは軽登山道しかないので、自転車を担いで登頂、美ヶ原のダート道を
ロードバイクで無理やり縦断、ダウンヒル、そして霧ヶ峰へヒルクライム開始。
途中、武石峠への分岐標識に誰かのいたずらか(びーと)たけし峠の文字
に笑うも余裕なし。
30km程走って霧ヶ峰到着、霧だー!到着が遅れた
ので登山ならず、一応100名山攻めてるので次回こそ登山!
スキー場までダウンヒル後ペンションアレアレに宿泊。自転車乗り向けの
ペンションで素晴らしいのだが今週で閉じてしまうようで残念・・・
翌日は白樺湖を横目に見ながらすずらん峠登頂、そしてダウンヒル途中に
北横岳(北八ヶ岳)へのロープウェイ乗り場へ。2km程のヒルクラですが
ゴール400m前は勾配12~14%程なので、脚を使っちゃってるとそれなり
にハードな登り!
ロープウェイ駅からは暫く坪庭と言われる美しい平原を歩いた後、片道
一時間程の軽登山。晴れていれば北南アルプスが一望出来る素晴らしい
眺望だったはずが、生憎の天気で何も見えず。
お、おう・・・やっぱり山で天気に恵まれるのは中々無いですね。登ってる
最中はいい天気ってのは多いのですが山の天気は変わりやすいから
難しい・・・
ま、こんな感じで自転車&登山は一緒にやることが多くなってきましたね。
百名山目指すと行っても、遠方は無理かなー・・・北海道とかキビシイ。

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>