すずらんワイナリー&Ambra

先週末、行きつけのドイツワイン屋ブルンネンさんのご好意?でワイン用葡萄の収穫手伝い

に行って来ました。所謂農業体験って奴。

今回伺ったのは山梨のすずらんワイナリーさん。http://www.suzuran-w.co.jp/

ドイツの白ワイン用品種シェンブルガーの摘み取り作業です。

自分は実家が農家なもんで、野菜や米の収穫手伝いは経験あるのですが葡萄は初めて。

楽しみにしていましたが、当日は生憎の空模様で移動中は土砂降りの大雨・・・

ですがトンネル抜けたら快晴の畑仕事日和w山の天気はわからないもんです。

ワイン畑について早々振舞われたすずらんワイナリーさんのワイン一同が迎えてくれた光景w

仕事後じゃなくて仕事前というのが笑えるw飲まなきゃやってられない辛い仕事だというのかー

→辛い仕事でした(‘A`)

農業全般に言えますが、常に屈みながらの作業は鍛えていない人間には腰にかなりきそうです。

自分は自転車トレーニングのおかげかそれ程の苦痛では無かったものの、葡萄を積んだカゴ

を持っての往復作業に疲労が蓄積していきます。事前に葡萄摘みの映像を見てから望んだ

ので、木や実を傷つけないように作業していたのですが最後の方になって農場社員の

方の作業を見たらかなりアバウトといいますか、葉っぱなんてバリバリ剥いでいてましたねw

それでも実は傷つけず、熟しているものそうでないもの廃棄するものと選別しながら作業

している様は流石でした。

最後はヘトヘトになった処で集合写真撮って終了。トラクターに跨って満面の笑みで写真に

映る自分が完全に農家のオッサンです本当に有難うございました( ´∀`)

今回収穫した畑で作った新酒は、11月に日比谷公園で行われるワイン祭りでも出されるとか?

摘み取り作業参加者は仕事報酬として一本貰えるらしいw

 

その後の二次会では、参加された方のお店Ambra@飯田橋にて二次会。自然派ワインを

メインに置かれるお店で、ソムリエの店主の確かな知識と味覚は振舞われたワインでしっかり

感じられました。http://www.winebar-ambra.com/

この日は休店日だったので仕出しモノ(生野菜とか出前ピザとかw)でしたがワインだけで

十分楽しめる感じ。と、いいますか会費に対してワインのグレードが明らかに高すぎて申し訳

なさ過ぎました。今度来店してオカネ落とさないと・・・

それにしても、抜栓して寝かせてから飲むワインもあるなんて知らなかったなぁ。ワインの世界は

深すぎる・・・

ツール・ド日光

ツール・ド日光に叔父と70kmコースで参加してきました。ほぼど平坦に近いコースかと思ったら、細かいアップ

ダウンが多く、道も広いのでスプリント混ぜ込みながら走ったら程よい感じに疲れる事が出来ました。

20km毎にエイドもありますし、頑張れば初心者でも走れるコースレイアウトは中々良かったと思います。

ただ、順路案内がわかり辛いのと不慣れさを感じたのはチトいただけないかな?

一人だったら100kmコース行きたかったなー、と思いつつ来月も日光をそのコースよりも厳しい道筋で走る事

になりそう?なので今回は様子見といったぐらいで丁度良かったのかも。

 

因みに前日は宿泊したあさやホテルからすぐの63号線を通って東荒川ダムにちょっと走って来ました。

平均勾配は大したこと無いですが、平坦区間が多い分登りは10~16%ぐらいが続く感じ。道も荒れているので

下りがちょっと怖いですねー。