関東の春は早くも終わりそうで…

一週間の休暇を終えて、早くもGW直前です。そりゃもう走るしかないって事で、早速いつものコース

を休暇最後に走って来ました。(見沼代用水→利根川→江戸川→旧江戸川→新中川→葛西橋を

渡って→荒川→芝川)CR数珠繋ぎ、イイですよ。面白くは無いけれど180kmぐらいあるので走りがい

だけはあります。江戸川上流の菜の花畑、新芝川水門前(レストランさくら前)のチューリップ畑等

花が綺麗なのが良かったですねぇ。

この日は平地なので主に通勤用なANCHOR RNC7。ロングライドだと、このサドルがちと辛いw

 

さて、桜が散って暖かく(もう暑いですが)なってきたので、明日は山にでも走ってきます。久々の林道だー!

と、愛車のcieloの整備がてらツーリングするにはチト固かったサドル(Tundra)をkurve snakeに

変えたらSHIMANO PROのシートピラーにレールが太すぎてはまらないでやんのw仕方なく予備の

モノへ取り付けましたが、ピラー買い変えるかなぁ…またenveかなw

 

近々友人達からMTBやコンポを譲ってもらえるので、トレイルも出来るようになるみたいです。

しかし初MTBから自作か…ホイールぐらいは買い換えないと(また出費が….

 

庭のタイムが満開です。一年かけて、ほぼ全面敷き詰めました。絨毯用にはクリーピングタイム。

食用にコモン、レモン、フレンチを育ててます。香りたっていい感じ。

クリーピングタイム

フレンチタイム

 

最後に先々週行った高遠城址の桜(南口)公園内は1分咲きにもなってませんでしたw例年より

二週間近く遅れ?先週末位が丁度良かったんでしょうなぁ…今年は難しいですね。

. . . 続きを読む 関東の春は早くも終わりそうで…

秩父桜巡り

羊山公園にて

長期のプロジェクトが終了したので、一週間の休暇中です。そんなわけで早速秩父へ走りに行って

きました。今年初秩父は有間峠から始める勇気!と勇んで行ってみたら、崩落中で通行不可…折角

林道工事終わったばかりだったんですがなー。飯能から最短で奥秩父へ行くルート、そして今回の

目的地の一つである浦山ダムへそのまま通じているので都合よかったのですが残念。まぁ、キツイ

長い、つまらないの三重苦な道なのでそもそも足つかずに登りきれる自信なんて無かったのですがw

そういえば、有馬ルート(73号)から派生する大名栗林道は舗装工事中みたいですね。折角の

ダート道がー、と自転車友達が残念がってました。そこもキツすぎて登りきれる自信ないですけどねw

そういった訳で、道を引き返して山伏峠→正丸峠と経由して秩父入り。山伏も飯能側から登ると

地味にキツくて長いです。秩父に入ってからは浦山ダムを目指して登ります。勾配10~11ぐらいの

九十九折が続きますが桜がとても綺麗なのです。反対側の長泉院から見上げるとこんな感じ。

長泉院のすぐ近くには、枝垂れ桜で有名な清雲寺があります。残念ながら前日の雨で結構散って

しまっていました。それでも樹齢数百年の桜は見事…

その後は上長瀞でいつもの蕎麦屋「こいけ」で昼食を取ってから北桜見通りを通って小川町輪行。

110km程度しか走ってないですが、獲得標高は1200m。何だかんだで秩父は登らされちゃい

ますね。しかしなんか、去年より間違いなく登れるようになっているのに辛いのは変わらないw

隅田公園

今年は残念ながら隅田公園から見える桜&スカイツリーのライトアップを撮れませんでした。

この場所好きなんですよね。反対側がスカイツリーのド正面。

ヘルシーロード

ヘルシーロードの桜並木

春が来たようで来ない今日この頃、それでも桜の開花は東京都心で例年より3日程度遅い程度と

いうことらしいですね。今週末は風も弱く天気もよくお花見日和という事で楽しみにしていたのです

が、風強ッ!熊谷の桜堤も満開にはまだまだらしいとも聞いているのでいつものヘルシーロードで

花見ライドに留めました。サイクリングロードではあるのですが、結構道が分断されており道もせば

まっていたり上流の工事は未だ続いていたりと走りにくい。ですが、見沼代用水に沿うこの道は桜

並木も非常に綺麗でして、支点のグリーンセンターからさいたま記念病院(七里)までは10km

以上途切れること無く春秋は絶景なのです。

明日も寒さは残るものの変わらず晴れとの事なので熊谷桜堤~吉見桜堤でも見てこようかなー?

 

通勤路の並木道も満開

my bike更新用にcieloの写真撮影

ブルンネン3月ワイン会

昨日は友人に誘われて、平井のワインショップ「ブルンネン」さん主催のワイン会へ行って来ました。

開催場所は同じく平井のイタリアン「トラットリア・アマッザ」さんです。今回はケラー醸造所のワインを

それぞれの料理に2種つけての提供でしたが、どの組み合わせも文句なく素晴らしいものでした。

ワインも沢山いただけて、コレって会費の倍取らなきゃ赤字なんじゃない?と心配になるレベル。

ドイツワインのケラーが素晴らしいのは前回お店訪問してわかっていましたが、アマッザさんの料理の

拘りと完成度には驚かされましたね。店主一人、カウンター9席のみの小さなお店なのですが

出される料理はフレンチのような繊細な味つけと仕事がされています。ドルチェ(デザート)は他の

仕込みの手が止まってしまう為苦手と仰っていましたが、いやはやこれこそが本日のイチオシでした。

ワインとの組み合わせが抜群だったのも特に印象深かった理由かな、と。

ドルチェにはエスプレッソや紅茶が定番としていた所を、濃厚な甘口のワインでも美味しく頂ける

というのは新発見でした。まさか、といった感じです。

ワインに関する薀蓄はてんで駄目な自分ですが、料理との組み合わせの面白さは他の酒よりも

圧倒的に面白いと思うだけにもうちょっと勉強してみたいですねぇ…どうしても抜栓してしまうと一本

飲みきってしまわないといけない為、数種類のワイン飲み比べとなるとある程度の人数(味のわかる)

が必要なのが難しい所。こういったワイン会はそういう意味でも助かるので積極的に参加したいと

思いました。(オカネが保てば…