Giro チームRabobankカラー 

自転車用のヘルメットを買いました。って、アレ?もう持ってるじゃない…はい、実は先日の

ヤビツ~和田峠の日は雨が結構降ってまして、ダウンヒル中に急カーブで落車をやらかしました( ‘A`)

自分以上に周囲や自転車屋の反応が大きかったですね。え、ヘルメットってこんな

割れ方しちゃうのっていう…この衝撃が頭に直接叩きこまれたらと思うとゾッとしますね。

ヘルメットは直接命に関わるだけに良いものを使い続けていきたいものです。

と、いうわけで新しいメットはGiroの2011年Rabobankバージョンを買ったわけですが

以前使っていたOGKのレジモスと比べると、ウレタンの厚みで横幅に大きくガッシリした

印象。でも包みこむ感じはレジモスの方が良い感じかな?全体の塗装や紐の作り

インナーのメッシュ地等、矢張りレジモスは丁寧で良く出来ているなぁと改めて感じます。

でもGiroの堅牢さも素晴らしく、特にこのカラーリングは即買いを決めさせるものでした。

オレンジとブルーの組み合わせって一番好きなんですよねー( ´∀`)

ヤビツ峠~和田峠(裏)

先週は同業のローディーさん達に混じってヤビツから高尾までの峠道を走ってきたわけですが…

いやもう力不足っぷりにゲンナリでございます。つか、皆自転車体型でシュッとしている中で

メタボな俺セツナイ( ‘A`)

しかしまぁ、秦野から高尾まで横断したわけですが勾配9越えな上り下りばかりで常に死に体

でありました。俺、頑張るつもりないですからと必死になっているのを誤魔化すのカッコ悪いよな…

その誤魔化しも和田峠という今回のコース最難関の峠に砕け散ったわけですが…

高尾から登ると最大勾配18%というトンデモナイ激坂がある和田峠ですが、じゃぁ裏側から

登れば緩いのか?と言われるとそうではなく平均勾配は7%を越え、12~13%の勾配は

初心者な自分の心を砕くには十分です。今回は秦野からなので裏ですが(表は無理ですがw)

いやぁ辛かった。集団走行で無ければ絶対に降りていたと思う難所でしたが、なんとか足を

付かずに登りきれました….。

色々と課題の残るランでしたが、集団走行の楽しさや達成感等もあり参加出来て良かったです。

次があるならば、腹の肉をもうちょっとへっこませないと足引っ張り過ぎちゃうなw